スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 第21回キルトジャパン賞の協賛社賞に入賞しました



第21回キルトジャパン賞の協賛社賞(金亀糸業株式会社賞)に 入選しました 。

大好きな東欧の生地やチロリアンテープ・ボタンなどを主に 使用してワクワク

しながらつくりました。
 
現在店頭で発売中のキルトジャパン1月号に小さく載ってます。

| 11:56 | パッチワーク  | comments(0) | - |
 アリスのbagと少年アリス





久しぶりに作品アップします。

この作品は昨年「横浜キルトウィーク」に入選した不思議の国のアリス

をイメージして作ったbagです。

福岡キルトウィークでも展示されました。

右側のトランプ柄は大切に温存していたアンティーク布です。

今日、キモチが沈むコトがありましたが、

以下の曲「少年アリス」で復活シマシタ。

音楽がこんな風にトモダチだったのは、はるか昔のコト。

学生時代だったように思いマス。

でも久々、鬱々としたキモチが音楽で晴れていくカンジ・・・。

結構イイやん。

学生の頃に戻ったよう。

いつも音楽がともにギターが横に。

アリスつながりで、是非、この曲。「少年アリス」


http://www.youtube.com/watch?v=BdMV_OeBFKk&feature=related










 


| 22:08 | パッチワーク  | comments(1) | - |
 リバティ・チャレンジ〜ビギナーズラック〜


先日、ハンディクラフツのリバティ・チャレンジという企画に応募したところ、「手づくりタウン賞」という賞をいただきました。

「リバティファブリックの新しい魅力を引き出す」というコンセプトでチャレンジキルトの公募をしていたので、応募しました。

旅行に行きたいという希望をこめてつくった旅行かばんなのですが、その予定は全然ありません。
どこか行きたいな。

この受賞はビギナーズ・ラックなのですが、ダイスキなモノをカタチにして、いただけた賞なので、とてもとても、嬉しかったデス。
ダイスキでやってきたことを誰かがほめてくれるのって本当にウレシイコトですね。



後はこんなカンジです。
ドイリーはハンガリーのアンティークです。
生地はダイスキなリネン。
レースは中学校からの大親友がとっても昔にくれたテーブルクロスをつかいました。












| 19:05 | パッチワーク  | comments(7) | - |
 チョコレート柄の布〜少し遅れてバレンタイン〜





昨日、少し送れて完成しました。
聖書カバーです。

裏側にチョレート柄のプリントを使いました。
バレンタインのプレゼントに若干間に合わなかったけど夫にプレゼントしました。



ロゴの部分は1920年くらいのアメリカの粉袋使用です。
あとは、今年新作のリバティプリントです。





| 18:05 | パッチワーク  | comments(0) | - |
 布に出会う
JUGEMテーマ:アート・デザイン




布がダイスキです。
ロゴが入っている布も好きな布の一つ。

先日、神戸で久々、お気に入りの布を買いました。
かなり古く、年季の入った粉袋。

そして、少し前、チョコレートがプリントしてある可愛い布も買っていました。

コレでなにが作りたいかというと・・・・。
まだ、ナイショですが、来る14日に向けて夫にプレゼントを。

チョコレートではなくて、チョコレートプリントっていうのが、ちょっとなんかいいなぁと、自画自賛しておりマス。

しかし、間にあうのかなぁ。


| 19:49 | パッチワーク  | comments(0) | - |
 happyメリークリスマス☆



クリスマスおめでとう。

今年も地味ながら、家族としみじみとしたクリスマスを過ごせたこと。
感謝です。
昨夜は夫と子供たちと燭火礼拝に行き、キャンドルサービスの中でクリスマスの賛美歌を歌いました。
心が静かで、しみじみとした喜びが雪のように静かに降り積もっていく・・・。
生きていく中、こんな瞬間こそがシアワセ。

クリスマスを前にとてもいい映画を観ました。
「ベン・ハー」
この映画の始まりの場面は、まさにクリスマス。
主イエス・キリストのご降誕の場面からはじまります。

この映画は実は、数十年前、映画好きの両親が幼い私を連れて映画館に観にいった映画だそうです。三十年以上、見る機会がなかったのですが、ある本のコラムにこの映画が紹介されていて観たくなり、レンタルしてきました。
そのことをとってもとても感慨深い再会でした。



私のクリスマスキルトには聖書の言葉が刺繍しています。
前回アップしたレッドワークのタペストリーと今回の長靴のキルト。

「今日、ダビデの町で救い主がお生まれになりました。
   この方こそ、主なるキリストである。」 〜ルカによる福音書2-11〜



| 17:48 | パッチワーク  | comments(0) | - |
 クリスマス風景  船譽奪疋錙璽のタペ〜
JUGEMテーマ:アート・デザイン




クリスマス用に一昨年、レッドワークのタペストリーをつくりました。
一昨年、教会の正面玄関のところに飾ってもらいました。

中心にはマリヤとヨセフと御子をレッドワークで表現しました。
3人の博士もいたり・・・。
少し後からみていただくと、全体には十字架のデザインをしています。





アンティークキルトにもよくみられるレッドワークの手法が、ワタシはダイスキです。
アンティークレッドという独特の色合いには、ナカナカ出会えません。
色って奥が深い。
布だけではなく、色にもやっぱり出会いがあるなぁ。




| 18:21 | パッチワーク  | comments(0) | - |
 勝手にハリウッドランチマーケットとsyrup-antiqueのコラボパッチワーク


コドモが、ワタシがすきそうだからといって、使い古してクタクタになったハリウッドランチマーケットの布カバンをくれた。

「分解して、パッチワークに使ったら?」って。

ロゴの布スキよ。
よくわかってくれているなぁ。

そして、そのアイデア、イタダキ。

で、布カバンを分解して、ピーシングして、仕上がった、最新作のパッチワークのカバンです。
肩掛けようの太いベルト。
ベースはこれからの季節仕様に黒のウールデス。

勝手にハリウッドランチマーケットとコラボしてしまいました。
っていうか、たんなる地球にヤサシイ・・・そう。リサイクル。





今日のお昼、夫と近くのchacoでランチしました。
ナカナカ健康志向満載のランチで、カラダに優しかったです。


| 16:52 | パッチワーク  | comments(0) | - |
 木馬のパッチワーク





一つの作品を仕上げて、次に取り掛かるというタイプではなく、いくつかの作りかけを抱えてあちらこちらに手を出して仕上げていくタイプです。

なんといっても飽き性ですから。

今も、依頼されている作品と自分の創作作品を含めて5つくらい途中デス。
いや、もっとかな・・・(笑)

そうしないと、ひとつの作品に情熱がなくなったら、針さえももてない日が続いてしまう。
そうすると、ストレスがたまるんです。

針を持つことが、私にとって、癒しのひととき、ストレス解消のひとときなので。

| 18:14 | パッチワーク  | comments(3) | - |
 サングラスのパッチワーク


今日もとっても暑かったデスネ。
めがねとかサングラスとか好きなんだけど、ナカナカつけて歩く勇気がナイです。
というより、キャラ的にカッコイイ系は似合わないデス。

こんなサングラスがあったら少しは似合うカモ。

こんなんが、似合うキャラってどうなんって感じデスガ。

ガラス部分は一応、シースルーな生地使っています。



つけて歩けないから、スカートの裾にでも、こんなサングラス、アップリケしてみようかな。
なんせ、スカートフェチなんで。

| 19:39 | パッチワーク  | comments(0) | - |
| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.