スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 チェコのアンティークのお裁縫箱


昨日、栄町のチェドックさんでおとりおきしてもらっていたチェコのアンティークのお裁縫箱を取りにいってきました。




チェドックさんは2階にある店舗なんですが、階段をあがってドアをあけたとたん、目にとびこんできたお裁縫箱。

一目ぼれデシタ。

ピンクと白のガーリーさに弱いワタシ。
その昔、ワタシがまだ、子供の頃。
親戚の家でみた、「私の部屋」という雑誌の中の内藤ルネさんのコーナー。

まさにピンクと白ばかりのインテリアや雑貨たち・・・。

衝撃的でした。
それ以来、ワタシは「私の部屋」と「生活の絵本」という雑誌が、私のバイブル的な本となったのでした。

この中で、チャックさんのパッチワークに出会い、熊井明子さんのポプリやエッセイに出会い・・・・。



中デス。
かなり状態がいいものだそうです。

何回か撮影にも登場したらしいです。

| 08:51 | アンティーク | comments(0) | - |
 仕事部屋計画


涼しくなってきたから、以前からとりかかりたかった仕事部屋計画実行開始。

もらってきた古い机と、
これもまた、お姑さんからいただいた最先端なミシン。

我が家の中でも、とっても好きな2階のロビーに仕事部屋プロジェクトを展開します。

まずは膨大な量の布の移動から。

途中経過、また、アップしていきたいと思いマス。

この場所で、今、依頼をうけているコサージュや作品、つくろう。



太い梁と天窓がアリマス。

| 09:48 | アンティーク | comments(2) | - |
 アーツアンドクラフトのミラーバックサイドボード


アンティーク家具では、ミラーバックサイドボードといって、サイドボードの上に鏡がついている家具をみかけます。

我が家のリビングにも1台。
これは、設計してくれた建築家の方が、壁面に作りつけの造作をするよりアンティーク家具で表情を出したほうが雰囲気がでるのでは、という意見を言ってくださったので探した家具です。

もともとアンティークはダイスキ。
普段はジャンクなものしか手がでませんが、(訂正!ジャンクなモノでも手が出ません)建築費用の一部として考えれば、その時は購入も可でした。

今、思えば、買っておいてヨカッタ。
今からだったら絶対買えなかったモノ。

アーツアンドクラフツの時代はとても短命で終わったそうです。
19世紀に起ったアーツアンドクラフツ運動は、機械を排斥し手工芸による中世様式の復活をめざしたそうです。
ナンダカ、その志、共感できるなぁ。

| 00:33 | アンティーク | comments(2) | - |
 イギリスアンティーク 〜ステンドガラス〜


家を建てる前、アンティークのステンドガラスを何点かもっていたので、設計の人にお願いして、家のアチラコチラにはめ込んでもらいマシタ。

これは、玄関横の明かり窓。

ステンドガラスは、一日中、同じ顔ではありません。
朝陽が差し込む時、夕暮れ、電灯の明かりに照らされた時・・・。
生きているようデス。

屈折した光が床に浮かび上がってキラキラ光るときもアリマス。

いつも、バタバタしているワタシなので、生活の美しい瞬間をタクサン見損なっているに違いありません。

だから、見つけた時は、立ち止まって、一瞬一瞬に出会えたコト、感謝しようと思う。


| 22:00 | アンティーク | comments(0) | - |
| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.