スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 アーツアンドクラフトのミラーバックサイドボード


アンティーク家具では、ミラーバックサイドボードといって、サイドボードの上に鏡がついている家具をみかけます。

我が家のリビングにも1台。
これは、設計してくれた建築家の方が、壁面に作りつけの造作をするよりアンティーク家具で表情を出したほうが雰囲気がでるのでは、という意見を言ってくださったので探した家具です。

もともとアンティークはダイスキ。
普段はジャンクなものしか手がでませんが、(訂正!ジャンクなモノでも手が出ません)建築費用の一部として考えれば、その時は購入も可でした。

今、思えば、買っておいてヨカッタ。
今からだったら絶対買えなかったモノ。

アーツアンドクラフツの時代はとても短命で終わったそうです。
19世紀に起ったアーツアンドクラフツ運動は、機械を排斥し手工芸による中世様式の復活をめざしたそうです。
ナンダカ、その志、共感できるなぁ。

| 00:33 | アンティーク | comments(2) | - |
 スポンサーサイト

| 00:33 | - | - | - |
これが御自宅なのですか?
うらやましいかぎりです。

アーツアンドクラフツ運動って主にイギリスでしたっけ。
たまたま私はイギリスロマン派の図録で知りました。

産業革命前って魅力ありますよね。
おおまけに負けて1914以前でしょうか?
| 7575+viridiany | 2007/09/01 3:51 PM |
ハイ。
ここで教室をしています。

そうですね。私も詳しくはないんですが、アーツアンドクラフツ運動はイギリス19世紀中期から後期だそうですね。
なので1914以降ではないでしょうか?
アメリカやヨーロッパには熱狂的なマニアがいるとshopでききました。
ウィリアムモリスが起こした「美術工芸運動」によってはじまったそうです。。

| SYRUP-ANTIQUE | 2007/09/01 7:12 PM |









| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.